事業紹介 ファクトリーソリューション

ホーム>事業紹介>ファクトリーソリューション>輸入工作機械>GFM

輸入工作機械

GFM

  • URL
  • お問い合わせ

GFMは、オーストリア・ステアーに本拠を置いていますが、姉妹会社が米国バージニア州チェサピークにあります。
従業員は430人、売上高は約8500万ユーロです。
クランクシャフト用のフライス盤や超音波切断機に加えて、GFMは約60年以上にわたって、ラジアル鍛造加工機を製造しています。
約900台以上の機械を製造し、世界中に納入しています。

近年の重要な開発は、自動車とその部品業界、その他の量産部品製造業を対象とした革新的な新しい機械です。

ラジアル成形機

量産を加速する必要があるすべての技術分野で、省エネルギーと軽量化設計が、ますます重要になっています。
GFMは、マンドレルによるラジアル鍛造を通じて、これらの軽量かつ高鋼度の需要に応えています。
パワートレインや、シャーシ、ステアリング・システムなど、特に自動車の分野で、適用部品が増えています。
航空宇宙産業も、切屑のない製造によって改良された材料特性の恩恵を受けています。

冷間・温間・熱間-鍛造
GFM技術-顧客特有の用途と材料特性に対応する真の技術革新

アキシャル/ラジアル方向の鍛造技術
アップセット鍛造とラジアル鍛造を一度に行なって、加工部材の理想的な形状を実現します。

ラジアル鍛造によるフレキシブルな成形
低コスト材料グレードの使用とともに、短いサイクルタイム、理想的な鍛流線、最高の表面品質が、材料節減と軽量化の課題です。

ラジアル鍛造
GFMラジアル鍛造機は、数十年にわたって、高合金鋼を成形しています。この成形方法は、複合材料や新合金の加工に最適です。

フレキシビリティ
GFMは、鍛造機は基本的に仕様変更することなく、新しい用途の成形技術を開発します。これによって、当社の顧客は、鍛造の金型とプログラムを組み合わせるだけで、新しい部品を生産することができます。

SKKシリーズ
型式 SKK-06 SKK-10 SKK-14 SKK-17 SKK-19 SKK-21
最大開始寸法 mm 80 120 170 230 230 250
最小成形寸法 mm 10 12 16 23 23 25
成形力/金型 t 80 125 200 280 400 600
調整幅 mm 60 60 100 130 70 100
最大ストローク速度/金型 min-1 1450 1200 800 500 500 450
公称成形動力 kW 55 90 200 315 315 600
RFシリーズ
型式 RF-30 RF-35 RF-40 RF-45 RF-60 RF-70 RF-100
最大開始寸法 mm 350 450 500 550 700 800 1000
最小成形寸法 mm 40 50 60 80 100 120 140
成形力/金型 t 500 750 900 1200 1350 1800 2200
調整幅 mm 180 250 280 300 360 400 460
最大ストローク速度/金型 min-1 340 340 290 260 240 240 200
公称成形動力 kW 600 950 1000 1700 2000 2500 2700